消費者金融のおまとめローンの特徴と審査

消費者金融は貸金業ですので、借り入れをする際には、銀行と違い総量規制による影響を受けることになります。しかし、おまとめローンについては、収入の3分の1を超える借り入れをしても問題がありません。それは、消費者の一方的に有利になる内容の借り入れのため、総量規制の対象外の貸付となるからです。ローンを一本化することで、他社の借り入れを返済し、利息を軽減することができますし、月々の支払いを減らせるため、生活苦から抜け出せることができることから、消費者を救済するためのローンという位置づけになります。
ただ、おまとめローンは、新規で借り入れするカードローンよりも審査が厳しいことがあります。まとめられるのは、多くても3社程度と見られています。申込時には収入証明書が必要なくても、提出が必須となりますし、在籍確認をなしにすることもできません。また、カードローンのように、利用限度額以内であれば何度でも借り入れできるわけでなく、最初に決められた何円かのお金が貸し付けられて、返済専用のローンとなることです。足りなくなった場合に追加融資を望むこともできませんし、申し込む際に届け出をした相手先の金融機関に必ず振り込んで返済しなくてはいけません。場合によっては、完済証明書が必要なこともあります。
消費者金融のおまとめローンを選ぶ際に気をつけたいのは、月々の支払いが軽減できても、長期化することで利息が増え、結果的に総支払額が増えてしまうことがありますので、シミュレーションをして試算するようにしましょう。消費者金融によっては、良好な利用歴がある場合は、金利が低くなる特典を設けていることがあります。